ウィンタースポーツをする予定の人へ

冬を心待ちにしている人もいることでしょう。スキーやスノーボードなどウィンタースポーツを楽しめる時期でもあります。週末は時間が許すかぎりゲレンデへ出向くといった人も多いのではないでしょうか?雪山は特に午前中がおすすめです。午前中は前日雪が降った場合、パウダースノーと呼ばれる最高のコンディションの場合も多いです。午後となると雪が固まったり、午前中のように良いコンディションで滑ることは難しくなります。

ウィンタースポーツをする人の中にはスポーツ向けのなんらかの保険に入っている人もいるかと思います。頻繁にゲレンデに行かれるのであれば保険加入はしておいたほうが良いでしょう。ゲレンデでは連日のようにけが人が出ています。自分で注意しても事故に巻き込まれてしまう場合もあります。このように予測ができない事態もあるわけです。

ところでみなさんは国内旅行傷害保険についてご存知でしょうか?すでに加入されている方もいることでしょう。こちらは実は日帰りでも適用になる場合があります。国内旅行傷害保険について改めて見直してみるといいでしょう。日帰りが該当となれば、日帰りでゲレンデに出かける人も保険の対象となります。国内旅行傷害保険についてはゲレンデ入りなども含めて日帰りの利用もおすすめです。
保険はどこから適用になるのか?というと自宅を出発してから帰宅するまでです。ゲレンデでは自分の怪我はもちろん、相手方への補償も適用になる場合があります。ゲレンデではけっこう大きな怪我をする人も少なく

ありません。例えば骨折です。転び方がおかしく骨折したという例もあります。

ゲレンデではよくパトロール車のサイレン音が聞こえてきます。その場合、なんらかのトラブルが発生している場合がほとんどです。怪我についてもよくあるパターンです。
また中にはふざけていて、リフトから転落したというケースもあります。リフトはゴンドラと異なり自己注意は絶対に必要なものです。リフトから転落すると5mなどけっこうな高さで転落することもあるので、注意が必要です。

幸い下は雪なので被害はそんなにない場合もありますが、スキーなどが絡み合って大きく怪我につながる場合もあります。またスキー板の破損というケースもあるわけです。
このようにスキー場でも事故については注意が必要です。万が一というケースもあります。万が一のとき、補償があるのは非常にありがたい話です。ゲレンデに行く機会が多い人は保険についても考えてみてください。